【ロックデイルスケートーパーク】アクセス情報や各セクションを徹底解説! 周辺施設情報も!

シドニーオーストラリアのロックデイルスケートパーク

ロックデイルスケートパークは、ストリートコースとボウルから成り立つ、ビギナーからアドバンストレベルのスケーターにオススメのスケートパークです!

このパークはシドニー空港やシティからもアクセスも良いので、シドニーに到着したら、まず行ってみたいスケートパークの一つです!

このパークは我が家からも比較的近いパークなので、子供達の学校前に一滑りしにく事もあるパークなので、実際の画像と共にパーク情報をまとめてみました!

オーストラリアのパークに興味のある方!新しいスケートパークを開拓したい方!の参考になると嬉しいです。


Mrs. Skitty

空港から近いこちらのパークもチェック!

目次
スポンサーリンク

【ロックデイルスケートパーク】の基本情報

ロックデイルスケートパークは、空港からもアクセスの良い場所にあり、シドニーに着いて直ぐに行きたいパークの一つです。     

基本情報

アクセス : 時間帯、週末・休日は変動する可能性あり

 車の場合: 約10分 AU$16 – $20
 バスの場合: 約30分 AU$6-8

トイレ : 公園の直ぐ横の小屋

水飲み場 : スケートパーク真ん中、ベンチ並び

パーキングスペース : スケートパーク横とサッカーフィールドの裏

料金 : 無料

年齢制限 : 無し (小さなお子さんがスクーターや自転車をやったり、滑り台としてランプを使用していることもある)

オープン時間 : 24時間 (照明が付いていないと早朝と深夜は真っ暗!)

照明オン: 6-7am/ 5-10pm(AEST)*サマータイム/ 季節によって変動

使用するにあたっての注意点

オーストラリアでは、10歳までの子供達の送迎は義務づけられています。

公園で遊ぶのでも大人がスーパーバイズする事は必須です。公園の直ぐ横の小屋がトイレですが、昼間でも一緒に付いて行ってあげて下さいね

【ロックデイル スケートパーク】3つのセクションを徹底解説

ロックデイルスケートパークは、大きく分けて3つのセクションから成り立っています。

  • ストリートセクション
  • ボウルセクション
  • ハーフボウルセクション

一つずつ紹介していきます。

❶ ストリートセクション

street section in Rockdale skate park
Street Section_1
Street Section in Rockdale Skate Park with ledge and rail
Street Sectiom_2
シドニーオーストラリアのロックデイルスケートパーク
Street Section_3

駐車場から入って直ぐ 右側にあるのはストリートセクション!

昼間は小さなキッズもスクーターでランプを降りたりと楽しんでいます

勿論、アドバンストスケーターも満足のいくレッジレール、トリックの練習にぴったりなランプユーロがあります。

  • フラットなレール
  • 低めのレッジ
  • 高めのレッジ
  • メローな小さめランプ
  • ユーロ
  • ダウンレール
  • ステアーズ

❷ ボウルセクション

Bowl withBull coping in Rockdale skate park
Bowl

次に駐車場から入って左側、柵の裏にはボウルがあります。

こちらのボウル、小さめなボウルで練習にはもってこい!

しかもフルブルコーピングなので、グラインドトリックにはぴったりです!!

❸ ハーフボウルセクション

シドニーオーストラリアのロックデイルスケートパーク

スケートパーク奥側へ行くと、ハーフボウルセクションがあります。

こちらのハーフボウルは通常のコーピングで、メロウなランプで構成されているので、ボウルに入る前にトリックの確認をするのにピッタリです。うちの子たちはウォームアップにここのセクションをよく使います。

スポンサーリンク

スケートだけじゃない!パークエリア内施設と周辺施設もご紹介

実はこの【ロックデイルスケートパーク】はスケートだけじゃなく、周辺施設がとても充実しているんです!ファミリーフレンドリーなこのパークの周辺施設を一つずつ紹介していきます。

  1. プレイグランド
  2. バーベキューエリア
  3. エクササイズエリア
  4. サッカーフィールド

❶ プレイグランド

プレイグランド

お子さんだったら、一度見たら絶対に遊んでみたいと思うこちらのプレイグランド。

ネスト風にロープで出来た結構な高さのジャングルジムの様な遊具の先には、筒状の滑り台があったり、お子さんの興味を引く事間違い無し!

こちらのYouTubeでパークの遊具が大まかに見れます。ビデオがスタートしてから、8秒ー48秒位の間が遊具の紹介画像となっています。

車椅子でもアクセスの出来る遊具や小さなお子さんから大きなお子さんまで楽しめる、バックヤードの延長の様なパークの作りとなっている様です。

❷ バーベキューエリア

オーストラリアといえばバーベキュー!バーベキューはオーストラリアの有名な文化の一つですが、バーベキューが出来るパークが殆どなんです。

【ロックデイルスケートパーク】エリア内のプレイグランド直ぐ横にもバーベキューエリアはあります。

4つのホットプレートがあるので、空いていれば自由に使って大丈夫です。

利用に当たっての注意点
  • 材料や必要な用具、プレートやカトラリーは事前の用意が必要です。
  • 使用後はキレイにお掃除してから帰りましょう!

❸ エクササイズエリア

公園のエリア内、遊具のサイドには大人用のエクササイズ用具も設置してあります。

目の届くところで子供達が遊んでいる間、親御さんもエクササイズが出来るという便利さ!

小さい子から大人まで楽しめる設備が整っているパークです!

❹ サッカーフィールド

ロックデールスケートパークは、2つの大きなサッカーフィールドが隣接しています。

スケートパーク横、駐車場とは反対側には大きなサッカーフィールドが一つ、エリア内のプレイグランド横にも人工芝の大きなサッカーフィールドがあります。

下記のツイートの様に、ゲートがクローズしていてもゲームをしていない場合には、基本的に自由に入って大丈夫です。

その為、エクササイズをしている人やランニング、サッカーの練習をしている人をよく見かけます。私も実際、ランニングをするときに利用することがあります。

【ロックデイルスケートパーク】とプレイグランド・周辺施設のまとめ

以上、「【ロックデイルスケートーパークinシドニー】アクセス情報や各セクションを徹底解説! 周辺施設情報も!」を画像と共にお届けしました。

充実したストリートコース丁度良いサイズのボウルがあるロックデイルスケートパークは、ビギナーからアドバンストレベルの全てのスケーターが楽しめるスケートパークです。

隣接した遊具が充実している公園にはバーベキュー施設があり、ご家族で一日中楽しめる場所になっています。

バーベキューセットと一緒に、皆さんも是非【ロックデイルスケートパーク】へいらしてみて下さいね!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いつもちょこまか動いているアラフィフのあおなみひです。
ゆったりした老後を過ごせる様に模索中ですが、ちょこまかちょこまか。
落ち着きのある女性になりたいです。

目次