【グリーンヒルズスケートパーク】シドニーのレベルの高いローカルスケーターが集まるパーク!

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパーク

グリーンヒルズスケートパークは、数年前までローカルスケーターしかいなかった穴場なスケートパークで、ストリートコースやボウル等、全てが揃っていて、パーキングスペースもかなり広いです。

少しドライブするとホエールウォッチングが出来る大きなナショナルパーク・民家・学校・ビーチ等がありますが、スケートパークの周りは砂丘になっていて、音などを気にする必要もなく、思う存分スケートに集中できる環境です。このスケートパークが我が家のローカルパークなので、子供たちはこのスケートパークから学びました。

オーストラリアのローカル色が強いスケートパークでスケートがしてみたい!ついでにブッシュウォークホエールウォッチングも楽しみたい!という方の参考になれば嬉しいです。

目次
スポンサーリンク

グリーンヒルズスケートパーク 基本情報

車を利用すれば30分以内でシドニー空港から来れる程の距離です。トイレや水飲み場、パーキングスパースと基本的な施設は揃っています。

裏の小道を歩いていくとビーチへつながっていて、別の小道を行くと隣の街のビーチまで歩いて行ける約3km程のトラックがあります。歩いている人、走っている人、自転車で走っている人、それぞれです。

基本情報
  • アドレス : 271 Captain Cook Dr, Kurnell NSW 2231
車を利用した場合
バスと電車を利用した場合
  • 水飲み場: ミディアムボウルの横
  • パーキング: スケートパーク入り口にあるスペース
  • 年齢制限: 無し
  • オープン時間: 24時間
  • トイレ: スケートパークの向かい側の小屋
注意事項

オーストラリアでは、10歳までの子供達のスーパーバイズは義務づけられています。公園から見える反対側の小屋がトイレですが、昼間でも一緒に付いて行ってあげて下さいね 

グリーンヒルズスケートパークの ストリートコース を徹底解析!

数年前までローカルスケーターしかいなかった、グリーンヒルズスケートパーク。スケートショップのオーナーが設計に携わっている本格派のスケートパークです。ビギナーからアドバンストレベルまで楽しめるコースになっています!

ストリートコースの構成

  • アップ&ダウンレイル
  • ユーロ
  • キッカーズ
  • ウォール
  • ミニタイル
  • ポールジャム
  • アイランド
  • スモールハーフボウル
  • デスボックスのあるメロウなランプ
  • レッジ
  • レインボウレッジ
  • フラットレイル
  • ダブルデッカステアーズ
  • ダウンレール

パーク入って右側からのビュー。画像左側にある低いレールはローカルショップオーナーが持って来た物で、誰でも使ってOKです。ウォームアップに丁度良いサイズです。

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパーク
パーク全体図

画像下 がメインのストリートコースです。レッジやアップ&ダウンレイルやキッカーズ、そしてユーロまで一通り揃っています。

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパーク
ストリートセクション

画像下 奥側にあるダブルデッカステアーズは、ダブルデッカというだけあって幅があり、楽しめるとお思います!

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパーク
ストリートセクション奥側 拡大
スポンサーリンク

グリーンヒルズスケートパーク 2種類のボウル紹介!

スモールハーフボウル

ここは我が家の子供たちが始めたばかりの時に、とてもお世話になりました!メロウなランプだけどボウルを回る感覚を学べる、ビギナースケーターにはぴったりです!

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパークスモールボール

スモールボウルの横にはポールジャムやウォールもあるので、アドバンストレベルのスケーターも楽しめるエリアになっています。

ボウルを始めてみたいスケーターの皆さんは、ここから始めると入りやすいですよ!

ミディアムボウル

ウォームアップにぴったりのサイズのボウルです。ボウルでの初めてのトリック練習にはここが最適です。

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパークのミディアムボウル

ボウルにはアイランドが隣接しているので、アイランドへエアーアウトしたり、アイランドのコーピングでトリックをしたり、スモールボウルへエアーアウトしたり、、等 無限に楽しめる作りになっています!

ビッグボウル

初めて来た時は我が家の子供たちも もっと小さかったのでとても大きく感じましたが、タイルは8ftです。エクステンションとタイルの間が6ftになります。

オーストラリアのグリーンヒルズスケートパーク

ボウルのコーピングの高さが場所によって異なるので、レベルに合ったところから始められるボウルになっています。トリックを試すのも、少しずつ高い場所でトライ出来るのも良いですよね!

グリーンヒルズスケートパークでプロスケーターに会える!?

ローカルスケートショップが開催するストリートの大会も行われているこのパークのストリートコースは、現在ニュージーランド代表(2023年現在)そしてスケート雑誌SLAMマガジンで度々フィーチャーされているJet Dehanグリーンヒルズスケートパークがローカルーパークです。運が良ければ、プロスケーターのJet Dehanに会えるかもしれませんよ!

彼のスケートはとてもクリエイティブで、スタイルがいいスケーターの一人です。しかも優しい!

彼のスケートを見るといつも「このパークはこう使うのか!」という程のクリエイティブなスケートを見せてくれて、とても楽しいです!

ホエールウォッチグも出来ちゃう!?

車で6分程の所に大きなナショナルパークがあります。ビーチ沿いの大きなパークで、ウォーキングトラックを延々と登っていくと崖の上まで到達し、5月から7月の間はホエールウォッチングが出来るんです!!

勿論この期間では無い時に行ってもオーストラリアの大自然を気軽に堪能出来る場所になっているので、スケートの気分転換にブッシュウォークをしてみてはどうでしょうか?

こちらの情報は、また別の機会に詳しく紹介しますね!

グリーンヒルズスケートパーク まとめ

以上、「オーストラリアのスケートパーク開拓!ローカルスケーターとグリーンヒルズスケートパークでスケボーしちゃおう!!」をお届けしました。

広すぎないけどしっかり満足の出来るコースが整っているグリーンヒルズスケートパーク。目の行き届くパークなのでお子さんとスケートへ行っても安心な場所です。

是非、皆さんもいらしてみて下さいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いつもちょこまか動いているアラフィフのあおなみひです。
ゆったりした老後を過ごせる様に模索中ですが、ちょこまかちょこまか。
落ち着きのある女性になりたいです。

目次